仮設構造設計

山留

pic_juukasetsu_01.png

山留設計は、掘削を行う場合に、周辺土砂の崩壊防止および止水を目的として設けられる、土留め壁と支保工からなる構造物の設計です。
支保工を設置することにより、周辺土圧とのバランスを取り、掘削や構造物の構築が安全に行えます。

 

土留め工計算システム

【土留め工設計プログラム】

自立式土留め工、切梁式土留め工、アンカー土留め工、控え杭タイロッド式土留め工の設計を行うプログラム。
鋼矢板、軽量鋼矢板、親杭横矢板、SMW(柱列式連続壁)等の土留め壁、鋼製支保工、掘削底面の安定(ヒービング、ボイリング、パイピング、盤ぶくれ)支持力検討、法面の影響を考慮した設計を行います。

 

 

【弾塑性順解析システム】

土留め壁を有限長の弾性ばり、地盤を弾塑性床、支保工を弾性支承とした土留め工の設計を行うプログラム。
掘削高さが深い場合、近接構造物が存在し変形量を求める必要がある場合、偏土圧が作用する場合等の特殊な設計を行います。

 

 

 

【二重締切工プログラム】

堤防掘削する工事において河川堤防にかわる仮締切を鋼矢板二重締切工法により施工する場合の設計を行うプログラム。
堤体の安定計算、締切壁本体の照査、引張部材の照査、腹起し部材の照査、遮水効果などの設計を行います。

 

 

土木桟橋

pic_juukasetsu_02.png

狭隘な土地での作業スペースの確保・山岳での資材搬入路・本設橋梁工事の迂回路等で利用されます。

 

仮設桟橋計算システム

 

【仮設桟橋プログラム】

仮設桟橋、路面覆工の設計計算を行うプログラム。
各種荷重(トラック、クローラクレーン、トラッククレーン)を使用し、覆工板、主桁、桁受け、支柱、杭に支持力、斜材、水平継材の設計を行います。

 

 

 

鈑桁橋(プレートガーダー)

pic_juukasetsu_03.png

鈑桁橋は、鉄桁タイプの組み立て橋梁です。
一般車両・自転車・人等が通行する一般供用仮橋、工事用車両が通行する工事用仮橋、仮橋上で工事用重機等が作業する作業用構台、防災や災害の為の応急復旧仮橋として使用されます。

 

トラス橋

pic_juukasetsu_04.png

トラス橋は、三角形のトラス部材の組み合わせにより、長いスパンにも対応できます。
一般車両・自転車・人等が通行する一般供用仮橋、工事用車両が通行する工事用仮橋、仮橋上で工事用重機等が作業する作業用構台、防災や災害の為の応急復旧仮橋、鉄道列車用仮橋、コンクリート橋の支保工として利用されます。

 

作図システム

【Auto CAD】 【BRICS CAD】

【SXFデータトランスレータ】

 

 

積算システム

pic_consule2016.jpg

【国土交通省土木工事標準積算基準書】

【国土交通省土木工事積算基準】

 

社内風景

IMG_5206trm.jpg

仮設構造設計では、仮設資材(鋼材)を利用した山留や桟橋の設計を、計画から計算・作図・積算まで一連して行っています。
経験豊富な人材が揃っているため、特殊現場においてもあらゆるニーズに対応でき、経済性に優れた計画・設計が可能です。